スポーツ障害 (スポーツ障害・スポーツ外傷)

スポーツ傷害(スポーツ障害・スポーツ外傷)

スポーツ障害 (スポーツ障害・スポーツ外傷)
スポーツ傷害とはスポーツ障害(使い過ぎ・オーバーユースによる痛みを主とした症状)および、スポーツ外傷(スポーツ中のケガ)の総称です。

スポーツ障害

スポーツ障害 (スポーツ障害・スポーツ外傷)
スポーツ障害とは、長期間同じスポーツを続けることにより繰り返される過度の負担が積み重なって 起こる障害で、「使い過ぎ症候群(オーバーユース)」とも言われます。
成人だけでなく、成長期の子供にも起こる障害です。 
使い過ぎや間違ったトレーニング、間違ったフォーム、痛みがあっても運動を続けたり、適度な回復時間を取らずにトレーニングを行ったりすることが原因となります。
強 い運動を行うことで筋繊維が損傷したり、筋肉内のエネルギーを使い果たしてしまったりします。軽微な筋繊維の損傷が回復し、エネルギーが蓄えられるには 2~3日必要となります。この回復時間を取らずに繰り返し運動することで、筋繊維の損傷度が増し、エネルギーが不足するため疲労感が残りフォームが崩れさ らに損傷するといった事になり、障害がひどくなってしまいます。
痛みはケガの最初の兆候なので、痛みが出たら無理にトレーニングを続けるのではなく、すぐにトレーニングを中止しましょう。そうすると筋繊維の損傷も少なくて済むので、早く回復することが出来るのです。

・テニス肘
上腕骨内・外側上顆炎と言わる炎症です。
内側上顆炎はテニスのフォアハンドの動作で痛みが出ます。テニス以外ではゴルフでも痛みが出ることがあります。
前腕の屈筋群の使い過ぎで起こるといわれています。
外側上顆炎はテニスのバックハンドで痛みがおこります。これは前腕の伸筋群の使い過ぎが原因です。
両方に言えることですが、使い過ぎの主な原因はフォームの悪さからくる力の入りすぎです。

オススメメニュー

スポーツ障害

スポーツ障害 (スポーツ障害・スポーツ外傷)

このメニューを受けたお客様の声

あいメディカル治療院TEL.0561-73-8525
アクセス・地図
お問い合わせ
診療日
あいメディカル治療院
【日進市】整体マッサージが評判の接骨院 | あいメディカル治療院